保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

どんなスケジュールで仕事をしているの?保育士の1日の流れと仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育士の1日の流れと仕事


保育士を目指している方の中には、実際の保育士がどのようなスケジュールで仕事をしているのか、いまひとつ分からないという方も多いのではないでしょうか。保育士として働きたい方にとって、スケジュールや仕事内容は気になるところですよね。

そこで今回は、保育士の1日の流れと仕事内容についてご紹介します。



保育士の勤務体制について


正職員として働く保育士の勤務時間は、1日(実働)8時間が基本です。

しかし、延長保育や24時間保育などを行っている保育所が多いため、子どもを預かる時間は8時間より長いことがほとんどです。


そのような保育所では基本的にシフト制を採用しており、「早番」「中番」「遅番」といった、勤務時間をずらした勤務体制が取られています。

保育所によって、シフトは週替わりだったり年間固定だったりするため、勤務先を探す際は必ず確認しましょう。


シフト制で子どもを預かるため、保育士同士が連携を取り合って保育にあたる必要があります。1日の業務をスムーズに進めるためには、情報の伝達や引き継ぎ作業などをしっかりと行うことが重要です。


午前中のスケジュール


午前中のスケジュール

【開園準備】

出勤したら、まず開園準備を行います。部屋の掃除や換気、設備のチェック、その日のスケジュール確認などを済ませておきます。

早朝保育を行っている場合は、子どもたちを迎え入れます。


【開園】

通常保育の子どもたちを迎え入れ、保護者から体調などに関する伝言を確認します。



【朝の会】

登園が完了したら朝の会を行い、朝の挨拶や出席確認、体操などをします。連絡がなく欠席している子どもがいる場合は、保護者へ電話連絡をします。



 

【カリキュラムに沿った活動】

外遊びやお散歩など、カリキュラムに沿った活動を行います。おもちゃの正しい扱い方を教えたり、楽しく遊べるようサポートしたりします。

危険がないよう常に安全確認をすることも大切です。


【お昼の準備】

お昼の時間が近付いたら、排泄や手洗い、うがいなどの援助を行い、お昼ごはんの準備をします。また、給食の配膳や、エプロン、お手拭きなどの準備をしておきます。


お昼から夕方のスケジュール


お昼から夕方のスケジュール

【昼食】

子どもたちの様子を見ながら、保育士も一緒に昼食をとります。ご飯を食べない子どものフォローや、箸の持ち方、正しい姿勢などを指導します。

昼食を食べ終わったら後片付けを行い、歯磨きの補助を行います。



 【お昼寝】

歯磨きや排泄の補助を行ったら、布団を敷いてお昼寝の準備をします。子どもたちが布団に入ったら、眠りにつくまで絵本の読み聞かせなどを行います。保育所によっては、ここで保育士が交代で昼食をとることもあります。

子どもが眠っている時間は連絡帳や保育日誌を書いたり、職員会議を行ったりします。


【おやつ・自由遊び】

子どもたちを起こしたら着替えの補助を行い、おやつを食べさせます。その後は、室内や園内で自由遊びをさせ、保護者のお迎えを待ちます。



夕方から夜のスケジュール


【降園】

お迎えが来たら保護者に連絡ノートを渡し、その日の様子や連絡事項などを伝えます。子どもたちを見送ったら保育終了です。


【延長保育】

年齢やクラスに関係なく、1つの部屋に集まって遊びながらお迎えを待ちます。その間に別の保育士は、空いた部屋の掃除などを済ませておきます。


【退勤】

子どもたちが全員降園したら、清掃や片付け、戸締まりなどを行って退勤します。


おわりに


保育士の1日の流れと仕事内容は、保育所や子どもの年齢によって細かく異なります。しかし、大まかなスケジュールを把握することによって、保育士という仕事をより深く理解することができるでしょう。

保育士を目指している方は、今回のご紹介した1日の流れをぜひ参考にしてみてください。


Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!

2016.06.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!