保育士・幼稚園・ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

保育士転職・就職希望者必見!保育園以外で保育士資格が活かせる仕事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


保育士の資格を活かして働ける職場は、保育園のみではありません。


実は、保育園以外にも保育士の資格を活かせる仕事や職場はたくさんあります。


また、待機児童問題や、共働きの増加によって、保育士資格保有者が活躍できる仕事や職場の種類も年々広がってきています。


保育士の資格取得者は、資格取得の過程で子どもの成長に必要な高度な知識を持っています。 保育園以外にもたくさんの場所でその専門性が必要とされてきているのです。


では、保育園以外にどのような仕事や職場で、保育士資格を活かして働くことができるのでしょうか。


本記事では、保育園以外で、保育士資格を活かして活躍できる仕事や職場の種類についてご紹介していきます。


保育士資格を活かせる仕事とは?


保育士の仕事というと、保育園で働くイメージが強いと思います。


しかし、近年、待機児童問題や共働きの増加、子どもへの教育の多様化にともない、保育士資格を活かせる仕事や職場が増えてきています。


保育士資格を活かして働ける仕事や職場は、下記のように多種にわたり、今後はこれら以外にも、ますます広がっていくでしょう。


表1、保育士の資格が活かせる職場

職種・職場

概要

乳児院

主に1歳未満の子どもを、他職種と連携し養育する

病児保育士

病院内に入院する子どもたちを、病棟内にて保育をする

保育ママ

3歳未満の子どもを自宅等で預かり保育する

ベビーシッター

依頼主の希望の場所・時間にて1〜3名程度の保育をする

プリスクール

日常的な保育を、英語を使って保育する

託児所

企業内や、一時保育などを行う施設で保育をする

こども園

「教育と保育」の両方の機能を備えた施設で保育をする

学童保育・児童館

学童保育にて学習指導等を行う

児童福祉施設

「施設保育士」として、福祉施設にて保育を行う

介護施設

幼老複合施設にて、保育と介護を融合した保育を行う

幼児教室

未就学児を対象に、心、身体、知能を向上させる教育を行う


 ここからは、それぞれの施設で具体的にどのような仕事をしているのか、詳細をご紹介していきます。


乳児院


乳児院とは、原則として1歳未満の乳児を主に、必要があれば、小学校入学以前の幼児も療育することができる施設です。


かつての入所者理由は、戦災孤児や捨て子が大半を占めましたが、現在では児童虐待の被害者や父母の精神疾患、親の出産や入院時の一時預かり者の不在などが理由で、入所しています。


乳児院のお仕事とは、保護者に代わって子どもの生活を支えることです。


子どもにとって、乳児園は「家庭」です。 保育所では、日中の一部の時間を保育士のみで支えることに対し、乳児院は24時間を医師や看護師、保健師など他職種と連携しチームとなって養育します。


職員には、定期的な夜勤もあります。


乳児園では、保育士一人に1〜2名の担当乳児がつき、家庭的なイベントや入浴介助、定期健診、予防接種の付き添いなど、一般的な家庭で行われる機能を代行するのが、その仕事の中心です。


入所理由にもあるように、複雑な家庭環境から入所に至る子どもも多いため、愛情を注ぐことや心のケアは最も重要な仕事です。


胸を痛める環境に遭遇(そうぐう)することもありますが、自分の担当した乳児に関しては、児童相談所とのやり取りを行ったり、保護者や里親との定期的な面談を行いながら、子どもにとって最適な環境を作り出していくやりがいのある仕事です。


乳児院で働く場合、給与は一般的な保育所より高い傾向にあります。


夜勤手当等が最低でも5,000円以上が一般的ですし、運営が国や自治体に費用面で 支えられていることから、経営も安定していることから、安心して働くことができます。


乳児院の仕事は、心理的ケアや保護者対応、夜勤など通常の保育所よりも厳しい環境での仕事も多いですが、その分、やりがいが大きく、報酬も十分に手にすることができるといえるでしょう。


病棟保育士


病棟保育士とは、病気や怪我などで入院する子どもたちの保育を行う保育士のことです。


主には小児科病棟で勤務することが多く、医療保育士とも呼ばれることがあります。


院内保育士と混同する場合がありますが、院内保育士とは院内で働く医師や看護師などの子どもを対象にした保育所の保育士のため、異なります。


病棟保育士の仕事は、0歳から18歳までの幅広い年齢の子どもを対象にしており、プレイルームで遊んだり、学習支援まで多岐にわたります。


プレイルームにまで来ることができない子には、病室まで足を運んで紙芝居や折り紙など、体の負担にならないよう配慮した保育が必要です。


中でも病棟保育士には、入院や治療により様々な制限を受けたり、生活環境が変わって不安な気持ちでいる子どもたちの、心に寄り添った保育が求められるでしょう。


病児保育士は、病棟内で働きますが、医療行為には携わりません。


夜間の医療ケアなども医師や看護師が行うため、夜勤もありません。


ただし、保育時間中は保育している子どもたちの病状を把握して、緊急時には適切な処置や保育、介助が求められます。


病状を理解する程度には、医療知識を身につけておく必要があります。


2007年には「医療保育士」という認定資格が日本医療保育学会より発行されるようになり、今後、病棟保育士の専門性がますます求められるようになっています。


不安なお子さんの気持ちに寄り添い、楽しい時間を過ごすことで、子ども達は前向きに治療に取り組むことができるかもしれません。


元気になって退院する時には、苦しい治療を共に乗り越えた達成感や、大きなやりがいを感じることができるでしょう。


保育ママ


保育ママとは、主に3歳までの乳児を自宅内にて保育する家庭福祉員のことを言います。


保育ママは地方自治体などで認定され、個人事業主として登録することになります。


各自治体によって保育ママの認定条件はバラバラですが、下記のような条件が設定されていることが多いです。


・25歳~60歳くらいまでの人
・保育士/看護師資格/幼稚園教諭免許があるまたは子育て経験のある人
・同居親族に就学前の児童、看護や介護の必要な人がいない
・保育を専念とし、他に業務を持っていない
・風通しと日当たりの良い6畳以上の保育専用の部屋が確保できる
・ペットを飼っていない
・煙草を吸わない

ただし、中には、保育ママ制度がない場合もあります。


保育ママとして勤務したい方は、まずは自治体に保育ママ制度があるかどうかを確認する必要があるでしょう。


保育ママは一人で最大で3人の子どもの保育を行います。


基本保育時間は8時間で、それ以上の保育には延長料金を頂くことになります。


保育時間や延長保育については保育ママ自身が設定可能です。


自宅内で保育ママとして働く場合は、通勤時間が無く、延長保育を実施しないことも可能なため、ゆとりを持って働くことができるでしょう。


保育ママの報酬は保護者から支払われる保育料(20,000円〜25,000円/月)と自治体からの補助金(70,000円〜120,000円/月)とその他、延長保育料などが中心になります。


年収はおおよそ400万円〜600万円程度になると言われています。


経費を差し引いても、保育園勤務の保育士よりも収入は高いといえるでしょう。


保育ママのやりがいは小規模保育で、きめ細やかなサービスを提供できることにあります。


最大でも3名という人数なので、一人一人に合った保育を提供することで、保育ママへの保護者からの信頼は厚く、卒園後も人に慕われるお付き合いができることが多いようです。


一方で、待機児童問題などで、認可保育園に入所できない子どもの受け皿になっているのが保育ママの現状です。


急な欠員や新設保育園の増加で、年度途中にも担当幼児が転園していくことも多くあります。


せっかく築いた信頼関係が突如終わってしまう心理的な寂しさはもちろん、個人事業主としての収入に、大きな影響があることも覚悟しなければなりません。


ベビーシッター


ベビーシッターとは、依頼主のご要望の場所・時間にて子どもの保育を行う仕事です。


主には依頼主の自宅での保育となりますが、結婚式の会場の客室や、商業施設、映画館の近くなど、様々な場所が勤務先となります。


お預かりするお子さんは1〜3人程度と少人数で、ご両親のご都合がつかない場合にご兄弟でお預かりするケースなどが多いです。


ベビーシッターになるには、シッターを派遣する会社に登録したり、託児施設や託児ルームにて就職することが一般的ですが、中には個人事業主としてベビーシッター業を開業している人もいます。


ベビーシッターには資格は必要ありません。


しかし、大切なお子さんを預かるということから、保育士資格などの保育に関する資格を持っている人は優遇されるでしょう。


ベビーシッターの働き方は、様々です。 毎日、一定の時間の契約をして保育を行うケースもあれば、時にはご家族と共に旅行に行きながらお子様のサポートを行うなど、通常の保育士ではできない、貴重な体験ができることもあります。


ベビーシッターのお仕事は一人一人にきめ細やかな保育の提供が可能です。


画一的な保育ではなく、一人一人に合わせた保育をしたい人にはやりがいのある仕事でしょう。


一方で、シッティングの依頼が毎日一定であるわけではありません。


収入が毎月変動してしまう可能性があることや、希望時間以外でのご要望があることも理解しておくことが必要です。


プリスクール


プリスクールとは英語で保育を行う施設のことです。


英語が教育になる前に英語の環境に浸って生活することで、ゆくゆくは英語で自己表現できるようになって欲しい、ということが主なねらいになっています。


プリスクールは一般的な保育園よりも教育に力を入れており、多彩なカリキュラムを取り入れており、保育時間は4時間〜5時間程度と、幼稚園に近いイメージです。


ただし、プリスクールはいわゆる「認可外保育施設」に分類され、その届け出が出ておらず、単なる英語塾であるところも実在します。


プリスクールで働く保育士は、保育士として保育する役割を担うというよりは、主にネイティブ講師と保護者間での通訳や、保護者対応の代行などが多いようです。


インターナショナルスクールとは異なり、プリスクールに通う子どもたちの親は日本人が多く、日常の伝達事項を全て英語で行うと、ネイティブ講師の保育方針や指示をうまく理解できないこともあります。


言葉や文化の違いを理解し、ネイティブ講師や保護者を上手にサポートしていくことが求められます。


プリスクールで働きたい方に必要とされる英語力は、スクールによっても違います。


日常会話レベルを必須にするプリスクールが多い一方で、「英語が好き!」のみで、特に現時点の英語力を問わないプリスクールもあります。


英語力に自信がある場合はもちろん優位になりますので、積極的にアピールしましょう。


託児所


託児所とは国や自治体によって認可されていない保育施設のことです。


いわゆる「認可外保育施設」ですが、一般的に言う認可外保育園というよりは、企業内に設置されていたり、子どもを一時的に預かって面倒を見る施設と分類されることが多いでしょう。


最近では特色ある託児所も増えてきたため、一概には言えませんが、一般的な託児所では、短時間での一時預かりなども多いため、保育指針やねらいなどの年間計画、週報、連絡帳、お便りなど事務作業に時間が取られることはありません。


また、時間帯によっては外出もしないためお散歩や外遊びなどもありません。


屋内にて、手遊びや歌、本読みなど比較的穏やかに保育できるでしょう。


託児所は保育士資格を持っていなくても働くことができます。


そのため、保育士資格を持っているということであれば、保護者からの信頼も厚くなり、優遇されるでしょう。


ただし託児所で働く場合、保育士資格を持っていない人が中心になるため、我流の子育てをしている人たちと働くことになります。


保育士にとって常識であることが通用しないなど、保育方針に隔たりが生じてしまうこともある可能性もあります。


仕事のやり方や施設の方針は事前に確認をしておくと良いでしょう。


こども園


こども園とはこれまで文部科学省が管轄していた幼稚園と、厚生労働省が管轄していた保育園を一体化させ、「教育と保育」を融合させた施設のことです。


保育自体は同時に行いますが、内部では幼稚園コースと保育園コースに分かれている園が多いです。


こども園で働くメリットは、幅広いお子さんを見る機会を得ることができるという点です。


また、「保育」という観点以外にも「教育」という観点で子どもたちを指導する立場になることは、スキルアップに繋がるでしょう。


こども園では、子どもたちにお昼寝の時間はありません。


これまでお昼寝中に行っていた事務作業や工作の準備、お便りの作成などが勤務内に行うことができなくなることもあります。


また幼稚園型のこども園では、保護者会の結束も強く、協力をしていただける一方で園の方針について、丁寧に理解を求める必要もあります。


これまで保育士としてのキャリアを積んできた方にとっては、様々な意見が飛び交う新鮮なやり取りになるかもしれません。


なお、こども園では、保育士資格と幼稚園教諭免状の両方を持っていることが求められます。


とくに幼保一体型と言われる形態のこども園は両方を持っていることが必須です。


平成31年までは、保育士資格を持ち保育士として「3年かつ4320時間の勤務経験」があれば幼稚園教諭の免状の取得ができる特例措置がありますので、平成31年までに取得を検討しておくと、後々活躍の場が増えるかもしれません。


学童保育・児童館


学童保育とは、通常小学校1年生〜3年生までの児童が保護者が迎えに来るまでの間を過ごす施設のことで、放課後クラブと言われることもあります。


小学校に併設の場合もありますが、児童館などで設置しているケースもあります。


学童保育で働く人を「保育指導員」と呼び、資格自体は必要ありません。


しかし、2015年内閣府が定めた「子ども・子育て支援新制度」では、学童保育施設1カ所に付き職員は2人以上、そのうち1人以上は「放課後児童指導員」でなければならないとしています。


この「放課後児童指導員」は一定の資格を有する者で、研修を受けた者と規定されていて、保育士の資格はその要件を満たす資格のうちの一つです。


また、「放課後児童指導員」一般の学童保育士より少しお給料も高いようです。


学童保育での仕事の主は、学校が終わった子ども達のおやつを準備したり、遊んだり、宿題をしたりします。


学童保育で特に働きやすいのは、男性保育士です。


学童保育では小学生が対象となりますので、ドッチボールや鬼ごっこも保育園の幼児に比べ、一緒に遊ぶには体力が必要です。


男性保育士は増加しているものの、女児の着替えや排泄介助などにおいて、保護者からの懸念を心配した保育園では、なかなか登用が進まないのも現実です。


その点、学童保育ではすでにそのような生活介助は必要なく、ダイナミックな遊びを提供できる男性保育士は人気もあり、活躍しやすい職場といえるでしょう。


近年では、働く母親の増加とともに、学童保育の不足や民間からの学童事業への参入が相次いでいます。


通常、小学校3年生くらいまでだった預かりも、6年生まで拡大していく動きがみられ、学童保育での活躍の場面は広がりを見せています。


児童福祉施設


児童福祉施設とは、1998年に施行された改正・児童福祉法に規定された下記の14の施設を指し、児童福祉施設で働く保育士を「施設保育士」と呼びます。


施設保育士になるためには保育士資格は必須です。


・助産施設
・乳児院
・母子生活支援施設
・保育所
・児童厚生施設
・児童養護施設
・知的障害児施設
・知的障害児通園施設
・盲ろうあ児施設
・肢体不自由児施設
・重症心身障害児施設
・情緒障害児短期治療施設
・児童自立支援施設
・児童家庭支援センター

中でも、児童養護施設は数が多く、よく知られた施設になるのではないでしょうか。


児童養護施設は、保護者のない児童、虐待されている児童その他環境上擁護を擁する児童を入所させて、これを擁護し、あわせて退所したものに対する相談その他の自立のための援助を行うことを目的とする施設です。


24時間365日、まさに子どもにとって「家」と言える施設での仕事は、保護者に近い役割が求められます。


仕事内容は、日常生活の介助に加え、将来的な自立に向けた生活に必要な知識を学ばせていくといった仕事が中心になるでしょう。


また、虐待等で心に傷を負った子どもたちのケアは保護者以上の専門知識と、愛情を持って接する必要があります。


施設保育士の働き方は、シフト制で夜勤や休日出勤など、過酷であることは間違いありません。


しかし、子どもの保護者として、生活やメンタルを支えるやりがいも非常に高い仕事です。


心身ともに自立を助け、傷ついた子どもの成長を手助けしたい、という強い思いのある方や、福祉に対する熱い思いをお持ちのかたにはうってつけの職場であると言えます。


介護施設


高齢化や核家族化が進む日本では、「幼老複合施設(介護施設内併設保育所)」という施設が増えてきています。


この幼老複合施設では、高齢者との関わりが減っている子どもにとっても、思いやりや家庭的な暖かさの中で保育されるというメリットがあります。


また、介護士など介護施設で働く職員の子どもを預ける、という企業内保育所のような保育所不足の解消という側面もあります。


幼老複合施設での仕事は、いわゆる保育所と同様に遊びや給食、おやつの指導、日報の作成などです。


幼老複合施設では、保育士以外にも介護に関わる職員も含めて見守るため、危険回避のための大人の目が多数ありますが、一方でお年寄りの安全にも気を配らなければなりません。


加えて、季節行事などを施設全体で行う場合は、準備などが大規模となり、負担が増えることもあります。


これからの超高齢化社会を迎える日本において、幼老複合施設には大手の企業も積極的に取り組んでいるため、就職先としての将来性は明るいといえるでしょう。


保育園の保育士の仕事のみにこだわるだけでなく、「生活支援」という共通項のある介護の現場の仕事を経験することで、子どもたちへの保育の幅も広がり、スキルアップにもつながります。


幼児教室


幼児教室とは、未就学児を対象とした、知育、情操教育、語学教室、受験対策などを行う、いわゆる「お稽古事」「習い事」教室と言われるものです。


2016年に民間の「保険クリニック」が行った調査によると、約30%の未就学児が何らかの習い事をしていることがわかりました。


少子化の中で、子どもに習い事をさせる傾向は今後も高まっていくといわれています。


幼児教室での仕事に、保育士の資格は必要ありません。


しかし、大手幼児教室の求人を見ると、「保育士の資格をもった方優遇」という求人がたくさんあることがわかります。


保育士が求められる理由は、その専門性です。 幼児教室は種類やジャンルは様々ですが、共通することは心、身体、知能という三つの分野を伸ばすことにあります。


保育士はこれらの分野の専門知識に長け、経験が豊富であることから、特に求められる人材ということになります。


幼児教室に通う子どもの保護者は、どちらかというと教育熱心で、子どもの可能性を伸ばすことに惜しみない協力をする傾向があります。


保護者と連携し、子どもの将来を見据えた能力を伸ばす仕事は、やりがいに満ちたものであることは言うまでもありません。


保育の専門性に加え、音楽や語学、受験対策などさらなる専門知識を身につける必要はありますが、求人も増えている注目の分野です。


保育士の専門性を活かす働き方へ


保育士の資格は、保育園で保育士として働く以外にもたくさんの活躍の場があります。


また、保育士だからといって、必ずしも未就学の子どものみと仕事の対象としなければならないということもありません。


保育士資格を取得する上で学んだ知識は、子どもの発育を理解し、成長を促すだけではなく、療育や、保護者への働きかけ、母子を守ることなど専門性の高い知識です。


また、実際に保育士として勤務した方は、保護者とのコミュニケーションを通じて、円滑な協力関係を築くなどの力も身につけることもできています。


「保育士だから保育園で働く」と可能性を限定するのではなく、保育の専門性を活かし、どのような分野が自分に合っているのかを考えることで、自分自身のやりがいや能力を発揮できるようになるでしょう。


>>自分に合った仕事を見つける

2018.02.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!