保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

いつ復職する?結婚・出産で退職した保育士の復職のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育士の復職のポイント

結婚や出産を機に保育士を退職した方の中には、復職したいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、いざ復職を考えると、さまざまな悩みが出てくると思います。

では、保育士として復職する際は、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか?

今回は、結婚・出産で退職した保育士の復職のポイントについてご紹介します。



保育士のベストな復職時期とは?


ベストな復職時期

結婚や出産をきっかけに退職をした場合、どのタイミングで復職すれば良いのか悩む方も多いと思います。

しかし、復職にベストな時期は人によって異なります。子育ての状況やパートナーの仕事の都合などを考慮して、自分の生活に合う復職の時期を決めましょう。


保育士として復職する際は、家族の協力が必要不可欠です。

家事や子どもの送り迎えなど、生活面で家族の協力を得ることも復職におけるポイントの1つです。そのため、復職の時期は自分1人で決めるのではなく、家族と十分に相談してから決めるようにしてください。


また、産後すぐに復職してしまうと、自分の子どもとのコミュニケーションが減ってしまう上、出産前と比較すると体力的にも辛い部分があるでしょう。

そのため状況を考えて、フルタイムで働くのか、子どもが小さいうちはパートとして託児所などで週3日程度のシフトで働くのかを決めておく必要があります。


保育士と一口でいっても、保育園以外の勤務先も数多くあります。広い視野を持って求人情報を見るよう意識してください。



復職先を選ぶポイント


復職先を選ぶポイント

復職先を選ぶポイントは、自分の優先順位を明確にしておくことです。譲れない条件をはっきりさせておけば、復職先選びをスムーズに進めることができるでしょう。


気になる勤務先を見つけた際は、ホームページやパンフレットなどを入手して勤務先の情報を収集してください。復職した後に後悔しないためにも、事前に職場の雰囲気を把握しておくことは重要です。


また、説明会などがあれば積極的に参加するようにしましょう。その際、気になったことは遠慮せずに質問してください。

例えば、復職した保育士の働き方などを質問すれば、そこで働いたときのイメージを具体的に思い浮かべることができるでしょう。


また、勤務地も大切なチェック項目の1つです。

たとえ労働条件の良い職場であったとしても、自宅から遠い場所にあると移動時間も長くなり、帰宅時間も遅くなります。その結果、家族と過ごす時間が減ってしまうことが心配であれば、無理なく通勤できる時間を考えて勤務地を選びましょう。


ブランクのある保育士のアピールポイント


ブランクが長く、復職をためらっている方もいるかもしれません。

確かにブランクがあるよりは、ない方が有利といわれています。しかし、保育士としての勤務経験や子育て経験のある方は、たとえブランクがあったとしても即戦力となるでしょう。そのため求人情報などを見ても、ブランクのある保育士を歓迎している求人は数多くあるのです。


さらに、子育て経験が長い方は、コミュニケーション能力やマナーなどがすでに備わっている場合が多いため、保護者にとっても信頼を寄せやすい存在といえるでしょう。

長い間子どもを見てきた経験は、決して無駄にはなりません。


しかし、新しい保育知識や保育現場の変化に対応できないのでは、と不安を感じる方もいると思います。

そのような場合は、求人サイトなどが開催しているセミナーや相談会などを活用してはいかがでしょうか。


おわりに


結婚や出産で退職すると、今までとは生活環境が大きく変わります。そのため、復職時期や働き方の見極めなどが難しい場合もあるでしょう。

そのような場合は現在の生活環境などを振り返りながら、自分のライフスタイルに合う働き方を考えてください。

復職する前には家族の理解と協力を得て、スムーズな復職を目指しましょう。


Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!


2016.04.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!