保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

公立と私立の保育園は何が違う?保育士の立場から見たそれぞれの違いとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 公立と私立の保育園の違い


保育園への就職を考えている方の中には、公立と私立の違いがいまひとつ分からないという方もいるのではないでしょうか。両者にはそれぞれ異なる特徴があるため、しっかりと理解しておきましょう。

今回は、保育士の立場から見た公立保育園と私立保育園の違いについてご紹介します。



公立保育園の特徴


公立保育園の特徴

公立保育園の運営団体は、その名の通り市区町村などの地方自治体となります。公立保育園で働く保育士は地方公務員として扱われるため、公務員としての待遇を受けることが可能です。


給与は地方公務員の基準に準拠した金額で、民間の給与との差があまりつかないように調節されています。しかし、基本的には毎年昇給があり、ボーナスをもらうこともできます。


安定した収入を得られるメリットがある一方で、3~6年ごとに転勤を命じられるデメリットがあります。基本的に同地区内での転勤となるため遠方に行くことはほとんどありませんが、転勤先は保育園や児童福祉施設などさまざまです。


公立保育園で働くには保育士資格に加え、公務員試験を受験して地方公務員の資格も取得する必要があります。

しかし、採用試験に合格したからといって必ずしも勤務できるわけではありません。試験に合格すると採用候補者名簿に登録され、施設から採用のオファーがあってから始めて勤務が決まります。


名簿の登録期限は1年間と決められているため、その間に採用の申し出がない場合は、次年度に再度試験を受験しなくてはなりません。



私立保育園の特徴


私立保育園の特徴

私立保育園の運営団体は園によってさまざまです。

民間企業や個人、NPO団体、学校法人などが経営を行っています。経営方針や宗教などによって園の特徴が大きく変わるため、自分の考えや価値観に合った保育園が見つけやすいといえるでしょう。


私立保育園は経営母体が民間となるため、あらゆる保育のニーズに柔軟に対応するなど、各保育園が経営努力を行っています。

そのため公立保育園と比較すると、業務内容が複雑な場合も多いといわれています。

しかし、公立よりも園の独自性を意識しているため、大きなやりがいを感じることができるでしょう。


私立保育園の給与は公立保育園ほどの安定はありませんが、経営状況が良かったり、経営母体がしっかりしていたりする場合などは、公立よりも高い給与で働くことが可能です。

しかし、昇給が全くない保育園などもあるため、就職する際は事前に確認しておきましょう。


私立保育園で働くには、その園で行っている採用試験に合格する必要があります。試験内容は園によって異なるため一概にいうことはできませんが、「筆記・実技・面

接」を中心に行うのが一般的です。



就職先を選ぶ際のポイント


就職先を選ぶ際に重要なことは、自分自身が仕事に何を求めているのかを明確にしておくことです。

公立保育園と私立保育園の特徴はそれぞれ異なり、どちらも一長一短です。

どんなに給与や待遇が良くても、やりがいや充実感がなければ長く働くことが困難となる場合もあります。就職した後に後悔しないためにも、仕事をする上で自分が何を大切にしているのかを明確にしておきましょう。


公立保育園の民営化が進んでいる現在において、保育士の労働環境も目まぐるしく変化しています。そのため、公立や私立といったくくりに縛られすぎないで、各保育園の特徴を見極めることも忘れないでください。



おわりに


公立、私立のどちらで働くにしても、各保育園の特徴をしっかりと調べておくことが大切です。園のホームページを見て教育理念を確認したり、実際に足を運んで園内の様子を見学したりしてはいかがでしょうか。

仕事に求めるものは人によってさまざまです。どこに就職するかを決める前に、自分の価値観や考えなどを明確にしておきましょう。


Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!

2016.06.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!