保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

子育て支援員とは?どんな求人があるの?資格の取得方法などをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て支援員とは


保育の仕事に興味をお持ちの方の中には、ニュースなどで「子育て支援員」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。保育や子育てを支える人材だということは知られていても、どうやって資格を取得するのか、どんな仕事に就くことができるのかなどは、まだあまり広く知られていません。

そこで今回は、子育て支援員の求人内容や資格取得方法などをご紹介します。



子育て支援員とは


子育て支援員とは、平成27年にスタートした「子ども・子育て支援新制度」の下、保育の仕事や子育て支援に就業する人を増やす目的で創設された、子育て支援の新たな担い手のことです。

子育て支援員になるためには、国が定めた研修を受け、「子育て支援員研修修了証明書」の交付を受ける必要があります。子育て支援員制度は子育て経験のある主婦を対象としたものとみなされがちですが、子育て支援員研修は子育て経験や保育士資格の有無に関係なく「保育の仕事や子育て支援に携わりたい!」と考えている人すべてが対象の研修です。保育の仕事がしたいという意欲のほかは、研修を受けるための特別な条件はありません。


子育て支援員制度が始まった背景には、保育士の深刻な人材不足があります。

共働き家庭が増加傾向にあることにより、保育園のニーズは年々高まっています。それに対して、政府は平成27年度より「子ども・子育て支援新制度」を施行し、定員19人以下の「小規模保育」や、保育者の自宅で行う「家庭的保育」を新しく認可事業とするなどして、保育のサービスを充実させています。

しかし、保育現場の働き手の増加がそれに伴っていないことが問題となっていました。そこで、保育士資格を持っていない方でも就業しやすいようにと、この子育て支援員研修が開始されたのです。


子育て支援員は保育士に準ずる人材として、保育業界からだけでなく社会的にも大きな期待を寄せられています。女性が子育てをしながら働くことができる社会環境を作るために、とても重要な位置づけの存在であるといえるでしょう。



子育て支援員の資格を取得するには


子育て支援員の資格を取得

保育士の資格が国家資格で、特定の教育機関を卒業したり試験に合格したりする必要があるのに比べて、子育て支援員には非常に短期間でなることができます。最も短い場合では13.5時間の研修を修了することで、認定を受けることが可能です。


前述の通り、子育て支援員になるためには所定の研修を受講する必要があります。テキスト代などが掛かる場合もありますが、研修の参加費用は基本的には無料です。

研修は、都道府県や市区町村などの自治体ごとに実施されています。その自治体に在住している方や、保育関係の仕事でその自治体に在勤している方、保育関係の仕事でその自治体内の事業所に就労の意思がある方などが対象となっていることが一般的です。

ただし、子育て支援員研修修了証書は全国共通ですので、研修を受けた自治体以外の場所でも子育て支援員として仕事することができます。


なお、子育て支援員は研修の修了による認定制度であるため、厳密には資格ではありません。ただし、国が定めた制度ですので、民間資格よりも信頼感は高いともいえます。



子育て支援員研修の内容


子育て支援員の研修は、基本研修と専門研修で構成されています。


基本研修の内容

基本研修は、研修を受講する人すべてが受講する研修です。8科目を8時間前後で受講します。

保育に関する基本的な内容から、現代の子どもや子育て家庭の現状、虐待についてなどの社会的な問題についても学びます。


専門研修の内容

専門研修は、選択したコースによって内容や所要時間が異なります。地域保育コース・地域子育て支援コース・放課後児童コース・社会的養護コースの4つに大きく分かれており、地域保育コース・地域子育て支援コースに関してはさらに細かく分類されています。

就業を希望している分野について重点的に学ぶことができるため、短期間で保育や子育て支援の人材としての認定を受けることができるわけです。



子育て支援員の求人


子育て支援員の求人

では、子育て支援員となることで、どのような仕事に就くことができるのでしょうか。

政府の想定している就業先は以下の通りです。


・放課後児童クラブ(学童保育)の補助員

・乳児院・児童養護施設の補助的職員

・家庭的保育(保育ママ)の保育補助

・小規模保育園の保育者

・一時預かりの保育者

・事業所内保育所の保育者

・ファミリー・サポート・センターの提供会員(援助会員)

・地域子育て支援に関わる職員


このほか、小規模ではない保育園での保育補助の求人に「子育て支援員の方、歓迎!」などの表記がされていることがあります。


上記で挙げた仕事は、基本的には無資格でも就業はできますが、子育て支援員の認定を受けていることは採用決定の際の良い判断材料になるはずです。



おわりに


保育や子育て支援の新たな担い手として期待されている「子育て支援員」についてご紹介しました。

子育て支援員研修は、短期間で保育や子育て支援の知識を身につけられる研修制度です。求人の要項に記載されていることはまだ少ないものの、これからの活躍が大いに期待されている存在です。

現在、無資格で保育補助などの仕事に就業しているけどもう少ししっかりと知識を身につけたい方や、子育て経験を生かして仕事をしたい方は、ぜひ子育て支援員研修を受講してみてはいかがでしょうか。


Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!

2017.04.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!