保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

放課後児童支援員(学童保育指導員)になるには?必要な資格や仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

放課後児童支援員(学童保育指導員)に必要な資格


子どもが小学校の授業を終えた後に過ごす学童保育には、放課後児童支援員(学童保育指導員)の存在が欠かせません。

今回は、子どもの放課後の安全をサポートする、放課後児童支援員の仕事内容や資格についてご紹介します。



放課後児童支援員とは


放課後児童支援員とは放課後児童支援員とは、2015年度より新設された、学童保育の指導のための専門資格のことです。2015年4月以降、学童保育には1名以上は放課後児童支援員を配置しなければならないと義務付けられました。


学童保育とは、日中保護者が仕事で家庭にいない児童に対して、放課後に適切な遊びや生活の場を与え、健全な育成を促す保育事業のことです。一般的に「学童クラブ」「放課後クラブ」「学童保育所」などと呼ばれます。

小学校の敷地内に放課後児童のための部屋が確保されているか、近くの児童館などに学童が併設されている場合がほとんどです。そこで児童が宿題をしたり、遊んだりして過ごします。


一般的に放課後児童支援員の勤務時間は、平日は昼から閉所まで、土曜日や長期休暇の際は朝から閉所までです。


放課後児童支援員の仕事内容


放課後児童支援員の仕事内容学童保育では、放課後に受け入れた児童を18時頃まで預かります。小学校の入学前に保育所などを利用していた保護者が、小学生になった子どもを預けて安心して仕事をするためには必要不可欠なシステムです。

放課後児童支援員は、放課後の児童の健康面・精神面、遊びへの活動意欲や態度の形成を図りながら、子どもが安心して放課後を過ごせるようサポートします。


放課後児童支援員は、児童にとって適切な遊びや活動を提供し、自主性・社会性・創造性を培うように促していきます。学校での授業を終えた児童がリラックスして過ごせるようサポートしたり、放課後を安心して過ごすことができるように環境を整えたりします。

補食としてのおやつ提供、宿題など自主学習の場の提供、また保護者との連携を図るため、活動の様子や体調などを連絡帳で伝えることも重要です。


児童館などと併設されているところは、工作や調理実習などのイベントが定期的に開催するため、イベントの企画・準備も担当します。年齢に関係なく他の児童と一緒に遊ばせることで社会性や協調性を学ばせる、良い機会となります。


また、学童保育へ通う子どもの状況について学校との連携を取ることや、放課後児童支援員ではない学童保育職員への指導やアドバイスを行うことも、放課後児童支援員の重要な仕事です。



放課後児童支援員に必要な資格


放課後児童支援員になるには、次のいずれかの条件を満たす必要があります。


・保育士の資格を持っている

・社会福祉士の資格を持っている

・高卒以上に相当する学歴があり2年以上児童福祉事業での勤務経験がある

・教員免許を持っている

・大学か大学院で、社会福祉学、教育学など、該当する課程を修めて卒業している

・大学にて、該当する学科の単位を修得し、大学院への入学が認められている

・高卒以上に相当する学歴と2年以上学童保育の仕事経験があり、市町村長の認可がある


上記のいずれかに該当する方が、各都道府県にて実施される研修を修了することで「放課後児童支援員」の資格を得ることができます。研修の時間数は講義や演習を含めて約24時間ですが、保育士の資格や社会福祉士の免許を持っている場合には一部免除となる科目もあります。



おわりに


保護者にとって、仕事と子育てを両立するためには学童保育は必要不可欠な存在です。学校を終えてリラックスしたい子どもたちが、のびのびと過ごすことができるよう放課後児童支援員が見守ることで、子どもの安全を守り、健全な成長につながります。

地域の子育てのために学童保育で働きたいと考えている方は、放課後児童支援員を目指してみてはいかがでしょうか。


Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!

2017.01.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!