保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

まだまだ少ない男性保育士、今後の需要や将来性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性保育士の今後の需要や将来性


近年では女性の社会進出が進んでおり、働きながら子育てをする家庭が増えています。しかし一方で、保育園に入れない待機児童の増加が大きな問題となり、保育園と保育士の整備が求められている状況にあります。

その中で注目されているのが、現在はまだまだ少ない男性保育士の存在です。今後数が増えることが予想される保育園の質を高めるためにも、男性保育士の活躍は期待されています。そこで今回は、男性保育士がなぜ必要とされているのかを、今後の需要や将来性などに焦点を当ててご紹介します。



男性保育士が必要とされる理由


男性保育士が必要とされる理由

かつては保母さんという言葉が使われたように、一昔前は保育の仕事は女性が行うものという考え方がありました。

しかし近年、共働き世帯が増え保育園の需要が高まる中で、新たな人手として男性保育士の需要も高まりつつあります。

2010年には保育士約40万人のうち1万3000人ほどが男性保育士となり、今後もその数は伸びると考えられています。

その背景には、女性の社会進出に伴い保育に関心を抱く男性が増えたことや、防犯上の対策など、社会的な要因が考えられます。

また、女性ばかりがいる職場特有の風通しの悪さを生じさせないためにも、男性保育士が増えることは歓迎されているようです。

保育園は運動会や発表会の準備、その他の場面でも力仕事が多い現場であることも事実です。男性がいれば仕事の効率化が図れることも、男性保育士が必要とされている理由の1つでしょう。



男性保育士の将来性


女性の保育士に比べ、男性の保育士は出産や育児による離職が少なく、長期的にキャリアを積んでいける見込みがあるため、将来的には管理職候補としても考えられる存在です。

また、公立の保育園では基本的にリストラされる心配はありません。ただでさえ保育士不足が叫ばれる昨今では、私立の保育園であっても働き口は豊富だといえます。

現場の保育士からさまざまな意見が上がる中、今後は労働環境の向上や賃金アップなどの社会的待遇も改善されることが期待されています。

国家資格である保育士資格を取得することで長期的に働き続けることができる点からも、男性保育士は将来性がある仕事だといえるでしょう。



求められる男性保育士像とは


求められる男性保育士像

それでは、保育の現場で求められる男性保育士は、どのような人物像なのでしょうか。


平日の多くの時間を保育園で過ごす子どもにとって、ときには父親のような存在との関わりも成長には欠かせないものです。とくにシングルマザーの家庭の場合、家に帰っても父親がいないため、父性に触れずに成長する可能性があります。子どもの心理的な発育のためにも、保育園内の父親的な役割を担うことができる男性保育士は、重宝される存在なのです。


また、男性保育士はヒーローごっこなどのように体を使ったダイナミックな遊びや、男性ならではの持ち味を生かした多様な保育方法が求められます。


その他にも、保育園の外に出かける機会があった場合などには子どもたちが事件や事故などに巻き込まれる可能性があります。防犯対策としても頼りになる存在になるためには、体力もある程度必要でしょう。



おわりに


男性保育士は需要が高く将来性もあるため、今後待遇の改善が見込まれる職業として注目されています。すでに現場で働いている男性保育士は体力面、防犯対策、保育園内での父親的役割など、さまざまな面で貴重な存在です。

今後保育士は女性特有の仕事ではなく、男性にも人気がある職業として男性保育士の増加が期待され、またさまざまな意見も影響して雇用条件も改善に向かうと予想されます。

男性の方で保育士として働くことを考えている方は、前向きに考えてみましょう。


Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!

2016.06.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!