保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

【学生の保育実習対策】ねらいや感想はどう書けば良い?日誌の書き方例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日誌の書き方例


保育実習が始まると、多くの学生の方が悩むのが実習日誌の書き方です。日誌は実習先の指導担当保育士が確認します。厳しく指導する指導者もいるため、どのように書くと良いのか実習前に理解しておきましょう。

今回は保育実習へ行く学生さん向けに、ねらい・目標や感想など、保育実習中の日誌の書き方についてご紹介します。



「ねらい・目標」は指導者のねらいをふまえて考える


「ねらい」は指導者のねらいを確認

実習生自身のねらい・目標を設定する際は、まず指導者が設定したねらいを確認しましょう。

このとき、何も考えずに質問するのではなく、ねらいの意図などをあらかじめ考えた上で指導者に質問するよう心掛けましょう。「自分はこう考えていますが、方向性は合っていますか?」と聞くことで、自ら考える力が付き、指導者にも良い印象を与えることができます。


実習計画の資料にねらいが書いてある場合もあります。このとき、ただ書き写しているだけでは将来保育士になるためのスキルアップにつながりません。書いてあることを踏まえて、さらに短く分かりやすい表現を考えることが大切です。


指導者の設定したねらいを理解することにより、自分が設定するべきねらい・目標も自然と見えてきます。その日のうちに「学びたいこと」や「頑張りたいこと」を積極的に書いていきましょう。

最初は「子どもとたくさん話す」など、抽象的な内容でも問題ありません。実習の後半までに、「学校で教わったこと」と「現場でできること」を組み合わせた目標設定ができるようにしましょう。



「活動記録」は状況が分かるように


「活動記録」は状況が分かるように
日誌は、後で読み返したときに「役立つ情報」が残っていないと意味がありません。そのため「活動記録」にタイムスケジュールをそのまま書いているだけでは、指導者に厳しく指導される可能性が高いです。


活動記録では、「主な活動」と「付随した活動」の両方を書きましょう。

「主な活動」とは、タイムスケジュールに書いてある内容で、出席確認や朝の体操などを指します。

一方「付随した活動」とは、そのときの状況が分かる行動のことです。出席確認では「名前を呼ばれたら、手を挙げて元気に返事をする」、朝の体操では「体操名は○○で、外で行う。部屋に戻ったら手洗い・うがいをする」などと書きます。




「感想」は思ったことを素直に書く


感想の欄には、「うれしかったこと」や「困ったこと」を素直に書きましょう。また、疑問に思ったことを書くと、指導者が丁寧に回答してくれます。

疑問を書くときに注意するべき点は「状況」を正確に伝えることです。「いつ、どこで起きた話なのか?」「誰が何をした結果、そのような疑問が生じたのか?」などを書くように意識しましょう。


細かい状況まで覚えておくことは大変なため、実習中は常にメモを持参しておくと良いでしょう。実習の合間にキーワードだけでも書き留めておくことで、そのときの状況を思い出しやすくなり、感想文が書きやすくなります。

実習終了後に、実習生同士で感想を言い合うことも大切です。議論を重ねた結果の考えを書けば、指導者から熱意のある回答が返ってくるはずです。



おわりに


今回は、保育実習へ行く学生さん向けに、実習日誌の「ねらい(目標)・活動記録・感想」の書き方をご紹介しました。「ねらい(目標)」は指導者の設定したねらいをしっかり理解した上で設定し、「活動記録」「感想」は事細かに分かりやすく書くことが大切です。

日誌を書くことは、保育士の基礎を学ぶために必要なことです。日誌を書くのは大変で時間が掛かることかもしれませんが、自分の成長や反省点などに気付くことのできる良い機会です。自分の成長のために、しっかり行いましょう。


Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!

2016.10.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!