保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

転職したいなら知っておこう!保育士の転職活動の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育士の転職活動の流れ

転職する決意を固めたものの、保育士の転職の流れがいまひとつ分からないという方も多いと思います。初めて転職する方であれば、何かと不安に感じますよね。

スムーズに転職活動を行うためにも、まずは保育士の転職活動の流れについて把握しておきましょう。転職活動の一連の流れが分かれば、効率的なスケジュールを組むことができます。

そこで今回は、保育士の転職活動の流れについてご紹介します。



【1】自己分析


自己分析
転職活動で最初に行うべきことは、自己分析です。これまでの経験などを振り返ることによって、自分の強みや弱点、価値観などを把握しましょう。

自己分析を行い、自分が保育士の仕事に求めるものを明確にすることで、転職先選びをスムーズに進められるようになります。


自己分析を行う際のポイントは、時系列に沿って活動の流れなどを整理することです。前職や学生時代まで記憶をさかのぼって、印象に残るエピソードを思い出しましょう。そのときに「なぜその選択をしたのか?」という点に着目してください。


 ある行動に対してなぜそのような対応を取ったのかを1つずつ考えることで、自分の価値観が見えてきます。価値観がはっきりすると、理想の保育士像や仕事によって手に入れたいものなどが明確になり、効率的に転職活動を進めることができます。


しかし、自分自身を知ることはなかなか大変なものです。そのようなときは、周囲の人に聞いてみることをおすすめします。家族や友人に尋ねてみると、自分では気付けなかった自分を発見することができるかもしれません。



【2】情報収集


情報収集
自己分析を行った後は、応募に向けた情報収集を行います。求人サイトや求人雑誌などを活用して転職先の情報を収集してください。気になる保育所を見つけたら、必ずホームページをチェックして教育方針などを確かめましょう。

タブレットやスマホを利用すれば、ちょっとした空き時間に求人情報をチェックできるためおすすめです。

 採用スケジュールが決まっている新卒採用とは違い、中途採用は1年を通して採用を行っているところが多くあります。

しかし、新卒と中途を一緒に採用したいと考えているところもあるため、1~3月は求人が増える傾向があるといわれています。

職員の入れ替わりが多いこの時期は、こまめに求人情報を確認するようにしましょう。



【3】応募書類の作成・面接


自分の条件に合う転職先を見つけたら、履歴書や職務経歴書などの応募書類を作成します。これらは面接につながる重要な書類となるため、内容はもちろん、正しい書き方やフォーマットなどを確認しておく必要があります。


また、書類選考に通過したら、いよいよ転職活動の一番の山場ともいえる面接に進みます。社会人としての一般的なマナーも見られるため、服装や言葉遣いなど、最低限のビジネスマナーを身に付けておきましょう。



【4】退職準備


転職先が決まったら、スムーズに退職できるように準備を進めましょう。保育の業界は意外と狭いものです。退職したら関係ないと思っていても、園長同士がつながっていたり、研修会などで一緒に働いていた保育士と顔を合わせたりするかもしれません。

退職の仕方を失敗すると、後味の悪さが残ってしまうため気を付けてください。


また、退職が決まったら、現在の勤務先に退職する旨を早急に報告することが大切です。辞めるまでの期間が短いと、子どもや保護者に不安を与えかねません。引き継ぎ業務などを行う必要もあるため、可能であれば余裕を持って3カ月前には伝えると良いでしょう。

退職する際に必要な書類などもあるため、事前に確認しておくようにしてください。



おわりに


今回は、保育士の転職活動の流れをご紹介しました。

転職活動の流れをきちんと把握することができれば、それをもとにスケジュールを立てて効率的に転職活動を進めることが可能です。転職活動の流れを把握して、しっかりと準備しましょう。


 Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!


2016.05.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!