保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

保育士の仕事の給料相場って実際どのくらい?時給平均や昇給のタイミングについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育士の時給平均や昇給のタイミング


現在注目の職業「保育士」。共働き世帯の子育てと仕事の両立を手助けし、子育て支援全般の窓口となる保育士は責任とやりがいのある仕事です。しかし、保育士として働くとなると気になるのがお給料のこと。「保育士の給料は安い」と言われがちですが、実際はどうなっているのでしょうか?今回は気になる保育士の給与や昇給について詳しく調べてみました。


 

保育士の給料相場はどのくらい?


保育士の給料相場

一口に保育士のお給料と言っても、運営母体や地域によって異なるのが実情です。さらに、公立保育園で公務員として働く場合と、私立保育園に勤務した場合とでもお給料は異なってきます。

例えば、東京都の公立保育園の例に挙げると、給料相場は賞与等を含めて年収600万というケースもあります。これに対して、私立保育園では賞与を含めて年収300万前後(35歳前後の保育士の場合)となっており、かなりの差があることが分かります。

一般的には、公立保育園では一般の地方公務員と同じ給与体制で給料が支払われるため、私立より150万円~200万円ほど上回るようです。

 

保育士全体の平均年収は323万円、平均月収は22万円前後、平均時給は1251円です(平成27年現在)。資格を要する仕事としては少々低めの水準でしょうか。

また、実際の求人を見ると、月収15万程度の求人や、時給800円台のところもあり勤務先によってかなり幅があるようです。私立保育園の場合は、運営母体の収入源が「公的な補助金(税金)」と保護者から納められる保育料から成り立つため、運営母体の収入源と運営費によって保育士の給料が決まります。このことも給料に差が生じる要因の1つと考えられます。


 

保育士の昇給とは


公立の保育士は、勤続年数に応じて昇給があるようです。しかし、私立の場合は勤続年数による昇給はあまり期待できないようです。昇給は不定期で、賞与も毎年必ず出る保証がないのが現状。となると公立保育園で働きたいと思われるかもしれませんが、私立の保育園と比べて働き口が多くありません。そのため公立保育園で勤務するには準備が必要です。

 

しかし、私立保育園の状況も次第に変わってきています。

これまである程度勤務すると昇給が頭打ちになることが多かったため、中堅保育士の離職が多く発生していました。その対策として、2017年4月より新しい役職として主任と同じく保育士の管理育成を行う「副主任保育士」と、保育業務に特化したスペシャリストの「専門リーダー」という職が追加されました。これに伴い、私立の認可保育園を対象に月給4万円を手当てとして付与できるようになりました。

また、3年以上経験のある保育士は、研修を受けた後に「職務別リーダー」という役職が与えられ、月5000円の上乗せも始まりました。私立の保育士は「役職手当て」でフォローという色が濃いようです。公立保育園に待遇面で引けを取る傾向にある私立保育園ですが、社会の現状に即して変化してきています。公立私立にかかわらず、さらに働きやすくなるよう環境整備が進むといいですね。


 

待機児童問題と子ども・子育て支援制度について


待機児童問題と子ども・子育て支援制度

現在もなお、待機児童問題は深刻です。特に不足しているのは、0歳~2歳児を預かる保育所です。待機児童の8割は0歳児〜2歳児と言われており、待機児童数に対して保育士を十分に確保できていないのが現状です。さらに追い打ちをかけるように、保育所設立が近隣住民から反対されるなど、保育所の設立自体が難しいのが現実です。

しかし、待機児童問題は大きな社会問題として関心が寄せられています。平成27年からは「子ども・子育て支援新制度」が施行され、民間保育所で働く保育士の給与改善、潜在保育士の保育士としての復帰をサポートする取り組みなども行われています。女性の社会進出は進む一方、仕事復帰に踏み出せない母親も多くいます。この現状を打破するためにも今後さらなる保育士の待遇面や環境の改善が必要になることでしょう。

 

おわりに


保育士の仕事は責任とやりがいのある仕事です。子どもたちの保育にとどまらず、子育ての悩み相談に応じたり、子育てトラブルを見抜き必要に応じて社会福祉情報の提供をしたり、総合的な子育て支援を行ってくれる保育士は保護者にとって力強い味方です。核家族やひとり親など子育て環境も多様化している現代だからこそ、さまざまなシーンで保育士の活躍の場が広がっていくことでしょう。

2017.09.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!