保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

タイミングや伝え方は?転職する保育士のための円満退職のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育士のための円満退職


転職を考えている保育士にとって、退職を伝えるタイミングや伝え方などは悩みどころだと思います。しかし、人間関係を壊さないためにも、円満に退職したいものですよね。

それでは、波風を立てないように退職するためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?

今回は、転職する保育士のための円満退職のコツについてご紹介します。



退職を伝えるタイミング


伝えるタイミング

法律的には、退職の申し入れは2週間前に行えば問題ないとされています。

しかし、基本的に人員が不足している保育士の場合は、後任を見つけるための募集や面接、採用まで行うために、最短でも1カ月は必要となります。採用後の引き継ぎなども考えると、退職希望日の2カ月前までには退職の意思を職場に伝えた方が良いでしょう。


退職したい日が明確に決まっていない場合は、勤務先の繁忙期などは避けることをおすすめします。自分の都合も大切ですが、相手の立場に立って考えることも必要です。できることであれば、3月末で退職すると、職場にも保護者の方にもかける迷惑を最小限に抑えられるでしょう。


また、退職する意向は、最初に直属の上司に直接伝えることがマナーとされています。直属の上司よりも先に責任者に相談してしまうと、上司の面子をつぶしてしまうため注意が必要です。



引き止められない退職理由を考える


引き止められない退職理由

円満退職するためには、誰が聞いても納得できる退職理由を考えておくことが大切です。

たとえ、人間関係や仕事内容に不満を抱えていたとしても、ストレートに答えてしまうと印象が悪くなる恐れがあるため、気を付けましょう。


給料が低いことを理由にする場合、給料引き上げ案を提示されて退職を引き止められることがありますが、実行されるかどうかは分かりません。


引き止められない退職理由を考えるコツは、「辞めざるを得ない」理由を用意することです。

例えば、結婚や妊娠、パートナーの仕事の都合などが考えられます。このようなライフイベントに関わる理由だと、相手の心証を悪くせずに伝えることが可能です。


また、給与面や労働条件などを理由に退職する場合は、退職理由をポジティブに伝えるよう意識してください。

例えば、「スキルアップのために新しいことに挑戦したい」「仕事の幅を広げるために、勉強する時間を持ちたい」など、伝え方を工夫することが大切です。


退職が決まった後の準備


退職が決まったら、他の保育士が困らないように、しっかりと引き継ぎ業務を行ってください。引き継ぎ漏れがないように、引き継ぎする項目をリストアップしておくと良いでしょう。可能であれば、引き継ぎノートなどを作成しておくと、後任者のマニュアルとなるためおすすめです。


気持ち良く退職するために、お世話になった方へのあいさつも忘れてはなりません。退職する2週間前には、一緒に働いた上司や同僚などをはじめ、保護者や子どもたちにも感謝の気持ちを伝えてください。


また、退職当日にバタバタしないためにも、少しずつ退職準備を行っておきましょう。

例えば、勤務先に返却する物のリストを作成すると良いでしょう。健康保険証やIDカード、備品などを事前にリストアップすることによって、返却漏れを防ぐことが可能です。


おわりに


退職すれば勤務先との関係はいったん途切れますが、もしかしたらこの先も何かの縁があるかもしれません。今後のことも考えて良好な関係を崩さないように、円満退職を目指しましょう。

そのために自分の都合だけではなく、勤務先の状況も考えることが大切です。

気持ち良く転職のスタートを切るためにも、今回ご紹介したコツをぜひ参考にしてください。


Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!


2016.04.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!