保育のコラム

保育補助で派遣保育士として働ける?正社員やパートと仕事内容や待遇の違いは?

2022/03/22

保育補助で派遣保育士として働ける?正社員やパートと仕事内容や待遇の違いは?

 

保育現場をしばらく離れている方が、再び保育園で働くときに不安に思うことはよくあることです。

 

そんなときおすすめな職種が「保育補助」です。

 

特に時間の融通が効いたり、派遣会社からの助けを受けることができる派遣保育士は人気が高まっています。

 

今回はそんな「そもそも保育補助で派遣保育士って可能なの?」ということから、派遣保育士として保育補助の待遇、仕事のメリットデメリットまでご紹介します。

 

保育補助も派遣保育士として働けるの?

 

派遣保育士はそもそも担任業務ではなく保育補助やフリーを任されることが多いため、派遣保育士として保育補助の仕事に従事することは一般的です。

 

また、保育士資格を持っていることで採用に有利な場合もありますが、保育園側の保育士在籍人数等によっては無資格でも保育補助の仕事に就くことが可能です。

 

保育補助で派遣保育士の場合の仕事内容や待遇は?正社員やパート・アルバイトとの違いはある?

 

保育補助と一口に言っても、雇用形態はさまざまです。

 

雇用形態によって待遇などに違いはあるのでしょうか?

 

正社員やパート・アルバイトと派遣保育士の雇用形態による違いをまとめてみました。

 

 

派遣

正社員

パート・アルバイト

雇用主

人材派遣会社

保育園や運営母体となる団体・株式会社

保育園や運営母体となる団体・株式会社

給与形態

時給制

固定給与

時給制

雇用期間

有期雇用

(原則3年が限度※規定による)

無期雇用

有期雇用

社会保険・福利厚生

一定の条件を超える場合加入が義務付けられている

加入が必須

一定の条件を超える場合加入が義務付けられている

 

仕事内容

 

保育補助の仕事は正規の保育士の補助をする仕事です。

 

保育園は、子ども一人ひとりに目が届くよう必要最低限の保育士数が定められていますが、最低基準の人数だけで子どもをみることは実際には難しいと言えます。

 

子どもと遊びながら危機管理をしたり、衛生状態を保ったり、排泄介助や危険な遊具への気配りなど、好奇心旺盛な子どもの保育は多くの大人の目や補助がないとスムーズに行うことができません。

 

そこで、そういった人員不足を補う形で、正規の保育士をサポートしているのが、保育補助の方々です。

 

保育補助で働く仕事内容は雇用形態によって異なることはありませんが、保育園によって任せる仕事が大きく異なります。

 

また、保育補助自体は保育士資格がなくても就くことができます。

 

そのため、仕事内容によっては保育士資格を持つ人のみが任される内容もあります。

 

待遇

 

派遣保育士として保育補助の仕事で働く場合、時給制になり、社会保険は一定の勤務時間を超えたり、収入によって加入することができます。

 

また、仕事時間については、朝だけ、夕方だけ、フルタイムと選ぶことができることが多く自由度が高い仕事です。

 

正社員の保育士の場合、ほぼフルタイムのみとなることが多いため、どちらかというとパートやアルバイトの保育士と待遇が近いといえるでしょう。

 

残業は派遣保育士の場合はほぼありません。

 

パートやアルバイトと異なり、勤務については派遣会社を通して確認をするためなし崩しに残業や持ち帰り仕事などが発生することはないといえるでしょう。

 

保育補助で派遣保育士として働く場合の給料相場

 

保育補助で派遣保育士として働く場合の給料相場は概ね時給900円〜1,500円です。

 

地域によって最低時給が異なるため一概にはいえませんが、ほとんどの場合その地域の最低時給に近いことが多いです。

 

時給が高い求人には公立保育園や人手不足などによってすぐにでも働いて欲しいなど緊急性が高い案件が見受けられます。

 

以前までは派遣保育士はパート・アルバイトに比べて時給が高いことが魅力でしたが、2021年4月よりスタートした派遣労働者の同一労働同一賃金により、派遣保育士だからという理由で賃金が低い、高いという差はなくなりました。

 

ただし、給与についての交渉は派遣会社といった第三者を通じた交渉が可能なため、パートやアルバイトに比べて心強い面もあります。

 

保育補助で派遣保育士として働くメリット・デメリット

 

保育補助で働く場合、派遣保育士の魅力はどんなことなのでしょうか。

 

また、逆にあらかじめ知っておかなければならないデメリットとはどのようなことなのでしょうか。

 

ここからは派遣保育士として保育補助の仕事に就くメリット・デメリットを解説します。

 

メリット

・短時間勤務やフルタイムなどライフスタイルによって選ぶことができる

・派遣会社が仲介として入るため、労働環境についての相談が可能

デメリット

・時給が低く設定されてしまうことがある

・有期雇用のため、長期的なキャリアを築くことができないことがある

 

保育補助&派遣保育士という働き方なら、ブランクがある方でも無理なく保育現場に復帰できる!

 

保育補助の仕事は保育士の仕事をしばらく離れていた人が保育士として復帰するときに選択肢の一つとなる仕事です。

 

しばらく保育現場を離れる理由は人それぞれではありますが、多くの方は出産や育児、家庭との両立などの理由を挙げます。

 

そのような方がもう一度保育園で働こうと思った場合、フルタイムで働くことにまだ自信がない、保育現場で働くための勘が薄れてしまっているのではないかという懸念など不安は尽きないものです。

 

保育補助の派遣保育士は時間の柔軟性があることに加え、派遣会社が間に入ることで労働条件はもちろん、職場で起こった困りごとなどについても相談に乗ってくれます。

 

久しぶりの環境で働くために力強い伴走者がいることは、何よりも心強いといえるでしょう。

 

これから保育現場に復帰したいけれど不安があるひとは、ぜひ派遣保育士の保育補助案件をチェックしてみてください。

 

 

保育補助求人_記事下バナー

カテゴリ
保育士キャリア
保育士・幼稚園教諭・ベビーシッターの求人専門サービス「ずっと保育士」