保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

保育士に向いている人・向いていない人の特徴は?保育士の適性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育士の適性について


保育士を志す方は少なくありませんが、他の職業と同じように、向き・不向きがあります。保育士は子どもが好きということはもちろんですが、子どもの成長をじっくり見守る忍耐力や、大事な命を預かる責任感を持っている必要があります。

では、どのような人が保育士に向いている、または向いていないのでしょうか。今回は、保育士に求められる資質から、保育士の適性について考えてみます。



【適性1】子どもと接することが好き


子どもと接することが好き

子ども好きであることは、保育士の重要な適性です。子どもと接することが苦痛であれば、保育士として働くことは難しいでしょう。しかし、どんなに子どもが好きでも、長い期間一緒に過ごす間につらいときやくじけそうになるときもあるはずです。


大切なことは、プロとして子どもと向き合う自覚です。保育士は単なる子どもの遊び相手ではありません。子どもの成長を支援する専門職であることを忘れず、子どもの良い部分は褒め、悪い部分は叱ることが求められます。



 

 


【適性2】体力


子どもを相手にする場合、意外と見落とされがちなのが体力です。保育士が相手にする乳幼児は目が離せないだけではなく、時には大人が予想しないような行動をとることもあります。そのため、全力でぶつかってくる子どもたちに負けない体力は必須です。保育士は常に体を動かすイメージを持っておいた方が良いでしょう。

最近では男性の保育士も増えていますが、まだまだ女性の保育士が大半を占めます。重い荷物を運ぶことも多く、体力はあるに越したことはありません。



【適性3】コミュニケーション能力


コミュニケーション能力

どのような職業でもコミュニケーション能力は必須ですが、保育士には特に高いコミュニケーション能力が必要です。

子どもはもちろん、保護者や地域の人たちとの関わりは、保育の仕事に欠かせません。社交性があって、初対面の人ともうまくコミュニケーションが取れることが求められます。


また、共感力もコミュニケーション能力の1つです。子どものさまざまな興味に付き合ったり、保護者の悩みに寄り添ったりできる共感力があれば、子どもの可能性を引き出したり、保護者の不安を解消したりすることができます。一方、共感力がない人は他者の気持ちをうまく理解できないため、人間関係がぎくしゃくすることがあります。




【適性4】ポジティブ思考


子どものためを思ってしてあげたことに喜んでくれなかったり、気づいてくれなかったりすると、めげそうになることもあるでしょう。「ありがとう」の一言があれば救われますが、子どもは感謝の気持ちを言葉で表現することを忘れてしまうこともあります。


しかしそれでもあきらめず、前向きに子どもに向き合えるポジティブ思考を持つ方は保育士に向いています。保護者対応でうまくいかないとき、そのことをいつまでも引きずってしまようでは、保育士は務まりません。

どんなことがあっても明るい笑顔で子どもたちと接することができる、そんな前向きな性格の持ち主は保育士の適性があります。



おわりに


今回は保育士の適性について考えてきましたが、自分は保育士としての適性がないのではと不安に思われた方もいるでしょう。

現状、コミュニケーション能力に不安がある、ネガティブに考えてしまう傾向があるという方も、人と話す機会を増やしたり、ポジティブに考える習慣を身に付けたりすることで改善することができます。

子どもが好きで保育士になりたい、でも自分は保育士に向いてないのではないかとお考えの方は、保育士になるために自分を変えていく努力をしましょう。時間がかかるかもしれませんが、理想の自分を強く意識することが保育士への近道です。


Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!

2016.07.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!