保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

ベビーシッターの仕事に資格は必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベビーシッターの仕事に資格は必要


近年の共働き世帯の増加に伴い、ベビーシッターの需要が高まっています。

小さな子どもの世話をするのがベビーシッターというイメージがありますが、実際は0歳~12歳までの子どもの面倒を見ます。

ベビーシッターは、子どもと触れ合うことが好きな方にとっては魅力的な仕事です。そのためベビーシッターになりたいという方も少なくありません。

そこで今回は、ベビーシッターの仕事内容、そしてベビーシッターに資格は必要かどうかについてご紹介します。



ベビーシッターの仕事


ベビーシッターの仕事

ベビーシッターの仕事は、「保護者が仕事などの諸事情で子どもの面倒を見られないとき、保護者に代わり子どもの世話をすること」です。

一般的には食事の世話や遊びの相手、勉強のサポートの他、保育園や幼稚園の送迎など、身の回りの世話が主な仕事となります。

保育園で行われるような教育やしつけなどは行いませんが、保護者の依頼によっては教育やしつけを行う場合もあり、依頼内容によっては語学や音楽などのスキルを必要とされるケースもあります。


また、子どもの世話と併せて、ベビーシッターの活躍が期待される場面もあります。それは、保護者がケガや病気などで身体が動かせない場合や、多忙により家事に時間を割けない場合です。このような際には保護者に代わって買い物や掃除・洗濯などの家事も代行します。


ベビーシッターは一時的とはいえ、保護者に代わり子どもの面倒を見る仕事です。子どもの成長や性格に大きな影響を与える場合もあるため、やりがいを感じられるとともに責任感も必要とされます。



ベビーシッターの仕事に資格は必要?


仕事に資格は必要?

ベビーシッターの仕事をするために特別な資格は必要ありません。一般的には「子ども好きであること」「子育て経験があること」を希望する依頼主が多いようです。

しかし、ベビーシッターに関する資格を持っていれば、仕事の中で専門的なスキルを生かせます。保護者の立場からすれば、無資格よりは資格を持っているベビーシッターの方が信頼感や安心感があります。


また、ベビーシッター自身においても、資格を持つことは有効に働きます。保護者に代わって子どもの世話をすることは、子どもの命を守る責任があります。ベビーシッターの専門資格を取得していれば、身に着けた知識や技術を仕事に生かすことができるでしょう。



ベビーシッターの仕事に生かせる資格


資格を取得すれば、自分の能力をアピールすることができます。以下でご紹介する2つの資格は「ベビーシッターのプロ」としての証明になります。


【資格1】認定ベビーシッター

公益社団法人全国保育サービス協会の「認定ベビーシッター」とは、ベビーシッターとして必要な職業倫理を備え、専門知識や技術、実務経験を持つベビーシッターを証明する資格です。


認定ベビーシッター資格は、協会主催の認定試験に合格することによって与えられます。認定試験は選択式(5肢択一)問題が40問、記述式(400字以内)問題が1問、試験時間は90分です。

ただし、認定試験の受験資格を得るためには在宅保育の実務経験があり、協会主催の研修会を修了する必要があります。



【資格2】ベビーシッター資格

一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)の「ベビーシッター資格」は、子育てに関する基礎知識や保育に対する心構え、保育スキルを証明する資格です。

協会が指定する認定教育機関が行う教育カリキュラムを全て修了後、試験に合格することによって資格を得られます。在宅での受験のため、忙しい方も受験しやすいでしょう。合格基準は得点率70%以上です。



おわりに


ベビーシッターの資格の他にも、資格を持っていると役に立つこともあります。例えば、母親が仕事で忙しくシッターに夕食作りも任せたいという家庭では、調理師の資格を生かせます。

ベビーシッターとしてプラスアルファとなる強みを持つためにも、資格取得を目指されてはいかがでしょうか。


Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!

2016.08.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!