保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

保育園・幼稚園で働く栄養士や調理スタッフの仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育園・幼稚園で働く栄養士や調理スタッフ



保育園や幼稚園では給食やおやつが提供されることがあるため、栄養士や調理に関わるスタッフが常駐していることもあります。では、保育園や幼稚園に勤務する栄養士や調理スタッフの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

今回は、子どもの食に関わる場面で活躍する、栄養士や調理スタッフの仕事内容についてご紹介します。



保育園・幼稚園で働く栄養士の仕事


保育園・幼稚園で働く栄養士

給食のある保育園や幼稚園で栄養士として働く場合、多くの場合は園と直接雇用契約を結びます。

小規模な園では栄養士と調理スタッフの両方を兼ねることもあり、栄養士は子どもたちの食を支える重要な役割を担っています。


栄養士は、子どもの成長や体調などさまざまな要素を考えながら毎日の食事・おやつの献立を立てます。また、中にはアレルギーや肥満、小食など個別に配慮する必要がある子どももいます。特に、0歳児から5歳児はさまざまなアレルギーが見られるため注意が必要です。


子どもたちのことを考えて季節ごとに旬のものや行事などを意識したメニューを考えるのは大変ですが、子どもの日々の成長に直接関われることにやりがいを感じる方は少なくありません。



保育園・幼稚園で働く調理スタッフの仕事


保育園・幼稚園で働く調理スタッフ

保育園や幼稚園では、主に昼食を用意することが調理スタッフの仕事です。

調理スタッフとして働く場合は、調理師免許があると有利に働きます。中には必須の資格としているところもあるくらいです。

公立の施設で給食を出す際は、必ず栄養士と調理師がそれぞれに雇われ、多くが分業で業務を行います。ただし、場合によっては栄養士が調理の手伝いをすることもあります。


スタッフの人数は園の規模によって変わります。そのため、大規模な園では数人のスタッフに加えてパート従業員がおり、各自が協力して時間までに子どもたちの食事を用意しなければなりません。


また、子どもたちの健康を預かるうえで、衛生面は最も重要です。調理スタッフは、水仕事も多いうえに1日に手を何度も洗うことから、働きはじめのころは手荒れも日常茶飯事だという声も聞かれます。

苦労することがあっても、子どもたちが掛けてくれる「おいしかった」という声を励みにできる方は、この仕事にやりがいを感じて長く続けられるでしょう。



保育園と幼稚園の仕事内容の違い


おやつ・離乳食の有無

保育園と幼稚園の一番の違いは、おやつがあるかどうかです。

一般的に幼稚園での保育時間は14時までとなります。一方、保育園では17時までのところが多く、15時ごろにおやつを提供します。小規模な施設であればおやつの献立に融通が利くため、栄養面や子どものことを考慮しながらも、自分の好きなように作れる場合がある点が魅力です。

このように、保育園では子どもたちの喜ぶ顔を思い浮かべながらおやつを作る楽しみがあります。


さらに保育園では預かる子どもは年齢も幅広く、離乳食にも関わる場面があります。保育園給食の仕事に就く際は、子ども好きというだけでなく、子どもの成長に合わせた食に関する知識も身につけておくと良いでしょう。


長期休暇・夜間保育の有無

幼稚園では長期休暇の間は園自体が休みになるため給食の提供もなく、栄養士や調理スタッフも休みになります。しかし、保育園ではそのような休みがないという違いもあります。

また、保育園の中には夜間まで保育を行う園もあり、その場合は夜ご飯も提供することになるため、就業時間や給料などが変わります。


おわりに


保育園・幼稚園で働く栄養士や調理スタッフの仕事は、主に給食・おやつの献立作りや調理作業です。

給食やおやつを提供する際には、栄養バランスの取れた食事を衛生的に提供し、子どもたちが季節感を感じられるような工夫が必要です。また、アレルギー除去食や離乳食などの知識も求められるため、専門性の高い仕事ともいえます。

勉強も必要ですし、体力勝負な部分もありますが、子どもの毎日の成長に「食」という観点から携わることに大きな喜びを感じられる仕事といえるでしょう。


Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!

2016.06.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!