保育のコラム

子育て経験は立派な資格!経験を活かして働けるおすすめの仕事

2021/08/02

子育て経験は立派な資格!経験を活かして働けるおすすめの仕事

 

「保育の仕事に就きたい!」と思っても、保育士資格や幼稚園教諭免許など資格や、保育経験がないと働くことができないことに悩んでいませんか?

 

実は保育の仕事の求人をよくみるとは応募資格に「子育て経験者優遇」と記述されていることがあります。

 

つまり、保育系の資格だけではなく子育て経験はキャリアや経験と同じく並列して語られているのです。

 

とはいえ、子育て経験と一口に言っても、プライベートなことなので自信が持てないとおっしゃる方もいます。

 

そこで今回は、子育て経験がどのようにキャリアに活かされるか、子育て経験を活かした職種についてまとめてみました。

 

 

 

子育て経験は明確な資格はないが、資格に匹敵する経験・キャリアになる!

 

 

子どもを接する仕事をする場合、子育て経験は他には代え難い経験でありキャリアです。

 

その証拠に保育系求人の応募資格欄にはたびたび「子育て経験」という言葉を目にすることができます。

 

「自分の子どもだけしか育ててないし・・・」「家庭のことだから・・・」と謙遜される方も多いですが、24時間365日子育てをするということは、大変なことです。

 

時には病気や怪我などの対処をすることもありますし、ケンカの仲裁をすることもあります。

 

また、しつけの方法を試行錯誤したりなど子育て経験と一口で言ってもたくさんの出来事をこなしてきたのです。

 

だからこそ、今子育てをする保護者にとっても身近で共感してくれる頼れる存在にもなります。

 

子育て経験には正解もありませんし、わかりやすい資格証明もありませんが、保育を行う上で十分な経験やキャリアとして考慮することが可能です。

 

 

子育て経験を活かして働きたいなら子どもや母親、ファミリー向けのサービスや商品に関する仕事がおすすめ!

 

子育て経験は立派な資格!経験を活かして働けるおすすめの仕事

 

では、実際に子育て経験を生かして働きたい場合はどのような仕事があるのでしょうか。

 

ここからは具体的な職種を例にご紹介します。

 

 

【1】保育士

 

 

保育士になるには国家資格である「保育士資格」が必要です。

 

そのため、子育て経験のみでは保育士にはなれません。

 

ただし、保育士資格は、専門学校や大学に行かなくても、資格スクールや通信講座を利用して資格取得を目指せます。

 

そして保育士資格を取得したのち、実務経験がなくても強みになるのが子育て経験です。

 

子育てで経験した実体験にプラスし、専門知識が加わった方は今、引く手数多で採用されることが多くなっています。

 

 

【2】保育補助

 

 

いきなり資格取得はハードルが高いという方に、保育士資格がなくても保育園で働ける「保育補助」という仕事があります。

 

保育補助の仕事は保育士の指示に従い、保育士を助ける仕事です。

 

そのため、これまでご家庭で行なってきた子育て経験や家事経験などが活かされる仕事となり、応募資格も子育て経験のみの場合もあります。

 

保育補助は、主に「派遣」や「パート・アルバイト」など非正規雇用での仕事が多い傾向にあります。

 

子育て経験を活かして、まずは保育の仕事についてみたい方、保育士資格勉強中の方などにはぴったりのお仕事です。

 

 

【3】ベビーシッター

 

 

ベビーシッターの仕事には特別な資格は必要ありません。

 

とはいえ、ご家庭から大切なお子様を預かる仕事ですから、当然信用できる方なのか、保育者として経験があるのかは慎重な判断が加わります。

 

子育て経験がある方は、ご自身の経験をもとに保育に携われることから、保護者の方も安心してお子さんを預けることができます。

 

また、時には保護者のよき相談相手として子育てを応援することもできます。

 

子育て経験を存分に活かして働くことができるでしょう。

 

 

【4】子育て支援員

 

 

子育て支援員とは、平成27年にスタートした「子ども・子育て支援新制度」のもと、保育の仕事や子育て支援に就業する人を増やす目的で創設された、子育て支援の新たな担い手のことです。

 

基本的に国の定める研修を受講することが条件となり、研修を受ければ子育て支援員に認定してもらえます。

 

子育て経験に加えて子育て支援員の資格を得ることで、より保育の仕事に従事しやすくなります。

 

 

【5】家事代行

 

 

子育て世代に広がっているサービスの一つ、家事代行。

 

子育て経験を含め家事も得意だという人は、こういった家庭的なスキルを生かせる仕事もあります。

 

子育てなどで培った家事スキルを活かせる仕事になるでしょう。

 

 

【6】習い事の先生

 

 

子育て経験により、生徒の気持ちや生徒の母親や父親の気持ちや目線でものごとを考えることができるため、子育て経験を生かすことができます。

 

多様な習い事が広がる昨今、子育て経験から生み出される新しい習い事も多くあります。

 

ご自身の子育て経験から生まれたアイディアをビジネスにし、習い事として提供してみるという方法もあります。

 

 

その他母親や子ども、ファミリー向けのサービスや商品を取り扱う企業でも子育て経験は生かせる!

 

 

その他にも子育て関連の商品メーカーや、子育て関連のサービス、また子育てをする母親や父親向け、ファミリー向けのサービスや商品を取り扱っている企業などでも子育て経験は生かされます。

 

子育ての経験の中で欲しかったもの、役立ったもの、不便だったものなどの消費者情報はマーケティング的価値があります。

 

子育て経験が活きる業種での仕事探しをすることで、新しい可能性があるでしょう。

 

 

子育て経験を生かして、自分らしく働こう!

 

子育て経験は立派な資格!経験を活かして働けるおすすめの仕事

 

子育て経験が活かせる保育の仕事についてご紹介しました。

 

子どもが好きで、子どもの保育の仕事をするためには、何も資格のみが必要なわけではありません。

 

子育てに投じてきた時間、悩んできた経験、子どもに向き合い試行錯誤した経験は何にも代え難い価値があり、次世代の子育て世代にも活かしてもらえるものです。

 

ぜひ、これまでの経験を活かして自分らしく働ける仕事を探してみてください。

 

 

保育士で転職に悩んだら明日香!

 

 

カテゴリ
保育士キャリア
保育士・幼稚園教諭・ベビーシッターの求人専門サービス「ずっと保育士」