保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

年度末を迎えて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1、年度末に留意すること
年度末は進級(新しいクラスと先生との出会い)や進学(小学校入学)のための
準備に追われる時期で多忙極まりない教育に携わる者にとっては辛い時期でもあります。
多忙になると、ついついキツイ言葉で応対したり、
保育者だけがあわただしくしていて、
その影響で子どもたちが落ち着かなくなる場合も多いですね。
一方で、これまで育ててきた年長児は小学校入学という新しい道に向けて歩き始め、
保育者はその子どもたちのこれまでの成長の足跡を辿りながら、
子どもたちの未来に期待を寄せ、
送り出す準備を、心を込めてしている時期でのありますね。
卒園する子どもたちの晴れやかな姿に嬉し涙を流す保育者が多いでしょう。
このような時期だからこそ大切にしたいことが有ります。
そのいくつかを3月号ではお話しましょう。
 
①進級する子どもたちへ
進級する子どもたちへの配慮として最も大切なのは、
これまで一緒に生活してきた保育室や友達との関係を十分に味わえる、
楽しい時間作りを工夫していただきたいと思います。
子どもは、大人のように不安や期待を上手く言葉では表せないことも多く、
大人が想像している以上の「変化」への不安や期待が大きいものです。
多分、大人のように総合的に状況の判断が出来ないため
「漠然とした不安や期待」だからからこそ、余計に「怖い」「嬉しい」なのです。
このような時こそ丁寧な保育が求められます。
一人ひとりの気持ちに寄り添って、
忙しい時だからこそ「ゆったりの楽しい時間」を創り出す努力をして
一緒に過ごせることの幸せを感じることができたら良いですね。
 
②進学する子どもたちへ
小学校への入学というイベントは子どもにとってとても誇りです。
「お兄さん、お姉さんになる」
という成長への期待は大変大きく、その気持ちは本当に成長の原動力になります。
このような時に保護者がつい口に出すことばがあります。
「○○できないと学校に行けないかも・・・」
としつけの引き合いに学校への入学を出して子どもを諭そうとします。
この「おどし保育」は何の効果も有りません。
「学校に行ったらどんな楽しいことが有るかね・・・」
と楽しいことを想像できるような言葉かけが必要です。
保育者としては「別れの時」ですので、センチメンタルな気持ちになりますが、
子どもは思った以上に「ドライ」で前を向いて進んでいます。
大人のセンチメンタルな気持ちを押し付けない配慮も必要ですね。
さよならをするまでの短い時間を保育者も子どもも十分に堪能できるような経験を
工夫して過ごして欲しいと願っています。
 
2、まとめに代えて
一年間、「保育 お役立ちコラム」を担当させていただき、
保育現場で是非知って頂きたい内容や、現代的な課題へのアドバイス
と様々なトピックを立ててお話してきました。
 
「保育」という営みは本当に奥が深いですね。
そしてとても素敵な仕事だと思います。
なぜなら、人間が人間らしく生きるための営みだからです。
保育に「上手い」「下手」は無いと思っています。
専門家ですから基本的な知識を持ちながら子どもに接するのは当然ですが、
その専門性だけでは「保育の心」は持てませんね。
保育は「人としての相手を想う心」によってその価値が決まるのではないでしょうか。
子どもたちを本当に「愛おしく思う」気持ちが専門性と合わさった時
「保育の心」が自分の中で成長するのだと思います。
 
皆さんも、ご自分の「保育の心」を日々、成長させて
子どもたちのために頑張っていただけたらと願っています。
 
 
※冨田先生のコラムはこれで最終回になります。
  1年間を通して、日常で当たり前だけど基本として大切なこと
  そして、保育に関わる仕事をしている方がどうしても関わってくる
  発達課題に対する関わり方等を書いていただきました。
  改めて12回分を読み返してみると、きっとこれからの保育のヒントにもなるはずです。
  冨田先生、1年間本当にありがとうございました!
 





冨田 久枝 先生
(とみた ひさえ 先生) 
 
20年余にわたり幼稚園教諭として勤務。
その後カウンセリング及び保育内容の
指導者として活躍中。
現在は千葉大学教育学部にて指導。
編著「保育カウンセリングの原理」ほか。




Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!

2011.03.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!