保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

3月の保育

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
保育する者にとっては、年度の終わり
卒園して小学校へ入学するこども
又は、進級するこども
この大切なこの時、もう一度子どもを見つめ直してみましょう。
子どもの成長の確認と同時に、
自分自身を見つめ直す又は反省をするこの時でしょう。
 
日本の保育も、長い歴史があります。
保育の制度も様変わりをしてきての現在です。
児童福祉施設も幼稚園の歴史も機会があれば勉強してみてください。
 
保育思想家といわれている方々の考え方を手短に触れておきますと
● コメニウス
 乳幼児保育の重要性0歳~6歳が大事で、感覚の訓練と事物の認識
 そして母の愛といっています。
● ルソー
 子どもは子ども、生まれつきもっているよい性格を信じて伸ばしてあげること。
 感覚器官の訓練、自己活動の重視、母親の手による家庭教育を重視しています。
● ペスタロッチ
 素質や能力を最大限に引き出し調和的であること、教育は誕生からと説き、
 母親の愛の重要性も説いています。
● オーベルリン
 親の働いている間放置されている子どもたちを生活に即した保育内容で見ることと、
 母親の援助の大切さも説いています。
 
さてフレーベルですが、キンダーガルデン幼稚園を最初に築いて人間教育の原点を探りました。
『さあ、私達の子どもらに生きようではないか』と幼児教育をはじめました。
「生まれながらにしてもっている内面をひきだす」
フレーベルの思想は世界初の幼稚園を創設しました。
 
日本の保育思想家の倉橋惣三先生も、
 自ら育つものを育てようとする心、それが育ての心である。
 育ての心は相手を育てるばかりではない。
 それによって自分も育てられてゆくのである。
 我が子を育てて自ら育つ親、子等の心を育てて自ら育つ教育者。
 育ての心は子どものためばかりではない。
 親と教育者を育てる心である
と主張しております。
 
子どものあの顔を眺めていると、私は幸せになります。
また、とても心が温かくなります。
子どもと共に楽しく歩んでください。







舩田 松代 先生
(ふなだ まつよ 先生) 
 
横浜女子短期大学名誉教授。 
 
保育園園長、幼稚園副園長を経験。
実践者として保育者養成に携わっている。
 
専門は保育学。










Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!

2010.03.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!