保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

ピアノ伴奏が苦手な保育士必見!ピアノ上達のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアノ上達のコツ



保育園では、保育士がピアノを弾きながら子どもが歌を歌う場面があります。しかし、実際に働いている保育士の中には、実はピアノ伴奏が苦手で悩んでいるという方も少なくありません。

そこで今回は、ピアノ伴奏が苦手な保育士さんのために、おすすめのピアノ上達法をご紹介します。ピアノを上手に弾けるようになって、子どもたちと一緒に音楽の時間を楽しみましょう。



楽譜に慣れる


楽譜に慣れる

ピアノが苦手である原因の1つに、楽譜を読むこと自体が苦手ということが考えられます。

その場合は、譜読みの練習をしましょう。音符の上にドレミなどの音名のルビがふられた楽譜を用意すると、スムーズに練習できます。五線譜を読む手間もかからず、練習にとりかかりやすいためモチベーションも保てるでしょう。

ルビ付きの楽譜は、初心者でも弾きやすいように編曲されているものが多いため、ピアノに苦手意識がある方でも扱いやすくなっています。また、保育園で歌われる歌に特化した曲集など、保育士に向いている内容のものを1冊用意することもおすすめです。


他にも、目だけはなく体でも譜面を感じられるようになるために、譜面を声に出して歌うトレーニングも効果的です。音符を声に出すことで、正しい音感も身に付けることができます。



指使いに慣れる


指使いに慣れる

左右の手が違う動きをするピアノにいつまで経っても慣れない方もいると思います。幼いうちから体に慣れさせておく方が楽に弾けることは確かですが、プロの演奏家として活躍したいわけではなく、保育士として十分なレベルを目指すのであれば大人になってからでも間に合います。

最近は動画サイトなどでも、ピアノの指使いを撮影した演奏動画を見ることができます。手元を撮影したものだけでなく、譜面にリンクして鍵盤が光り、指で押さえる場所を示してくれる動画もあります。目で確認することでイメージがつかみやすくなるため、上達の近道になるでしょう。

また、いきなり両手で弾きこなすのが難しい場合は右手だけ、左手だけと順番に覚えていき、少しずつ合わせていくと1曲通して弾けるようになります。忙しい中でも、焦らず少しずつでも毎日練習を繰り返すことがポイントです。



弾きながら歌おう


ピアノを弾きながら子どもたちと一緒に歌うことができると、クラスに一体感が出ます。指使いの練習と同じように、慣れないうちはピアノと歌を分けて練習しても構いません。徐々にピアノを弾きながら歌えるように練習してください。


子どもと一緒に歌うコツは、とにかく伴奏が途切れないようにすることです。子どもたちはピアノに合わせて歌っているため、演奏が消えてしまうと歌うことを止めてしまいます。スムーズに歌い続けられるように、少なくとも左手の和音を覚えて伴奏を続けられるようにしましょう。

右手で弾くメロディーは、いざというときには自分の歌でカバーすることもできます。楽しみながら子どもたちと歌うように心掛けてください。


また、モチベーションを保てるように、演奏していて楽しい曲を探すということも大切です。自信を持って演奏できる曲が増えれば、子どもたちと過ごす音楽の時間がより充実したものになるでしょう。



おわりに


今回はピアノが上達しない原因に、「楽譜に弱いこと」「指使いに慣れていないこと」「弾きながら歌えないこと」の3つを挙げました。どれもすぐに克服できるものではありませんが、毎日少しでも練習することが一番の近道です。

保育園でピアノを使う本来の目的は、子どもたちに楽しく音楽に親しんでもらうことです。あまりうまく弾こうという意識は強く持たずに、子どもたちと一緒に音楽を楽しむようにしましょう。


Check♪ 明日香の研修でさらにスキルアップ&情報収集!!

 

2016.06.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!