保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

絵本トーク5月号 初めての絵本選びと読み方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆◇◆◇◆◇◆◇初めての絵本選びと読み方◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 さあ、風薫るさわやかな季節になりました。青葉若葉の新緑の中を、こいのぼりが悠々と泳いでいます。今月は、そんな季節を彩るさわやかな絵本をご紹介しましょう。

 

★風薫るさわやかな絵本(*お薦めの年齢は目安です)

 ①0歳~    ②1歳半~     ③2歳半~       ④3歳~          ⑤4歳~          ⑥5歳~

         
                

①『ととけっこうよがあけた』こばやしえみこ/案 ましませつこ/絵 こぐま社

*「ととけっこー」と歌い始めると、赤ちゃんの視線が一斉に集まる、魔法のようなわらべうた絵本。


②『はらぺこあおむし』エリック=カール/さく もりひさし/やく 偕成社

*世界中の子どもたちをとりこにしてきた人気の絵本。あおむしが蝶になるお話は今の季節必読。


『そらまめくんのベッド』 なかやみわ/さく・え  福音館書店 

*そらまめが旬のこの季節に、是非読んであげたい心ぬくぬくの絵本。おはなし会でも大活躍。


④『たけのこほり』浜田桂子/さく かがくのとも2004年5月号 福音館書店

*活き活きした子どもの画と絶妙な文。これ1冊でたけのこの食育・遊びがまるごと楽しめる優れ本。


⑤『くわずにょうぼう』稲田和子/再話 赤羽末吉/画 福音館書店

*端午の節句の菖蒲と蓬に因んだ昔話。国際アンデルセン賞画家・赤羽末吉の瑞々しい迫力ある画。


⑥『おおきなきがほしい』さとうさとる/ぶん むらかみつとむ/え 偕成社

*「こんな木があったらいいなあ・・」子どもたちの夢と遊び心を育む、感性豊かな物語絵本。


★絵本相談Q&A:初めての絵本選びと読み方 

絵本相談でとても多いご質問が、第1子の乳児のママからの「初めての絵本選びと読み方」です。今回はそのご質問にお応えしましょう。

 

Q:いつどこで、どんな絵本をどんなふうに読んだらいいですか?

A1:いつ(When)どこで(Where)

⇒赤ちゃんのご機嫌が良い時。おっぱいもミルクもたっぷり飲み、よく眠り、おむつも濡れてない快適な時に出会う絵本は、赤ちゃんにとってとても心地よいもの。

⇒お昼寝の後やお風呂上がり、ママも赤ちゃんもほっとするひとときや、お散歩の公園のベンチや健診の待合室で・・・。                                        

A2:どんな絵本を(What)

⇒身近な日常生活につながる、日常生活で経験したこと(食べた・見た・聞いたなど)のある、

例えば、子どもが好きなたべもの・のりもの・どうぶつなどが描いてある絵本が理解しやすく、さらに乳児の場合は、明るい原色の絵とリズミカルな言葉の絵本は、ジャンルを問わず集中しやすい。


*例:よく読まれる乳児向け絵本


⑦『くだもの』平山和子/作 福音館書店(たべもの)

⑧『ぶーぶーぶー』こかぜさち/ぶん わきさかかつじ/え 福音館書店(のりもの)

⑨『こねこがにゃあ』ひろのたかこ/さく 福音館書店(どうぶつ)

⑩『もこ もこもこ』たにかわしゅんたろう/さく もとながさだまさ/え 文研出版(ことばあそび)

⑪『じゃあじゃあびりびり』まついのりこ/さく 偕成社(ことばあそび)

⑫『いないいいないばあ』松谷みよ子/ぶん 瀬川康男/え 童心社(ふれあい)


   ⑦             ⑧                  ⑨                     ⑩                    ⑪                  ⑫

           


*参考:ブックスタート赤ちゃん絵本リストが下記サイトから検索できます。

ブックスタートホームページ(http://bookstart.net/wg/booklist.html



A3:どんなふうに(How)

⇒ゆっくりゆっくり、赤ちゃんにことばがひとつひとつ確実に届くように、繰り返し歌うように読んであげましょう。赤ちゃんは、メロディが付いたものが大好き。

因みに上記①のわらべうた絵本『ととけっこうよがあけた』にも、じっーと耳をすまし聞き入ります。


★さっそくトライ!今月のミニおはなし会

今月は2・3歳児向けミニおはなし会のご紹介です。

絵本は上記②の『はらぺこあおむし』を、明るく楽しく読み合い、

手遊びは、よく知られた♪キャベツのなかからを楽しみましょう。

これは、両手をキャベツのように交互に重ね合わせて、5本の指を順番にあおむしに見立ててあそぶ手遊びです。指使いが少し無理なお子様は、人差し指だけで遊んでもいいでしょう・・・。


♪キャベツのなかからの歌詞(「うたって楽しい手あそび指あそび120」ポプラ社より)

*キャベツのなかからあおむしでたよ ニョキニョキ(*このフレーズをくりかえす)

1番・おとうさんあおむし 2番・おかあさんあおむし 3番・おにいさんあおむし

4番・おねえさんあおむし 5番・あかちゃんあおむし

キャベツのなかからあおむしでたよ ニョキ ニョキ ニョキ ニョキ ニョキ・・・

ちょうちょになったよ



*では次回もお楽しみに・・・ 


(「はぐはぐの樹子ども図書館」館長 金澤和子)



 【プロフィール】

 

  「はぐはぐの樹子ども図書館」館長。司書・保育士。
   横浜市・南区地域子育て支援拠点内「はぐはぐの樹子ども図書館」で、絵本相談・おはなし会・わらべうたなどを通し、子育て支援に従事。

  子どもと本をつなぐ活動を始めて25年。

  市民グルー プ「子どもと本」代表。

  著書:『赤ちゃんと絵本であそぼう!』一声社


2014.05.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!