保育士 / 幼稚園 / ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】
Tel.03-6912-0015
Tel.045-316-5515
Tel.052-232-7715
Tel.06-6155-7755
「保育」のお役立ちコラム

5月の保育

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乳幼児の生活には、身体的養護を必要とする内容が多いです。
子どもの生命を預かり、健康に育てるのは保育者の役割です。
子どもは、いつも身近にいて育ててくれる人の世話になりながら成長してゆくので
育てる人の影響を受けることも多いのです。
 
信頼できる保育者によって、生理的にここちよく生活できることは、
精神的な安定につながります。
子どもにとってこのここちよさは、心身ともにバランスよく成長するのです。
 
子ども、ひとりひとりをよく観察して、
ひとりではできないことを援助してゆくこと、
その生活の中で、子どもは、ひとつずつ、自分で自立する方法を身につけていくのです。
 
 育ての心は、相手を育てるばかりではない。
 それによって自分も育てられてゆくのである。
 我が子を育てて自ら育つ親、
 子等の心を育てて自らの心も育つ教育者、
 育ての心は子どものためばかりではない。
 親と教育者を育てる心である。
          倉橋 惣三 「育ての心」 より







舩田 松代 先生
(ふなだ まつよ 先生) 
 
横浜女子短期大学名誉教授。 
 
保育園園長、幼稚園副園長を経験。
実践者として保育者養成に携わっている。
 
専門は保育学。

2009.05.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたにピッタリなお仕事が見つかる!